OSを古くすれば一台あたりの金額を安くできる

一つ前の世代のOSにする

パソコンを使うにはOSが必要になります。基本ソフトと言われ、パソコンの資源をうまく活用するためのソフトになります。世界的にはあるメーカーが提供するOSが良く使われていて、法人向けパソコンでも使われるケースが多いです。できるだけ安く導入したいときに取る方法として、一つ前の世代のOSが入ったパソコンの購入があります。OSは最新のものであれば安心して利用できます。でも必ずしも最新のOSである必要はなく、その時点でメーカーからのサポートが受けられるタイプならよいとしています。最新のOSは値段も高めになりますが、一つ前のOSなら安めに入手できるかもしれません。前のOSの方がソフトの容量が少ないので、パフォーマンスが良くなるときもあります。

サポートが終了したOSのパソコン

パソコンが販売されるとき、OSが最初から入っているケースが多いです。セット料金になっていて、OSの更新などを行うとその分コストがかかるときもあります。法人用パソコンを購入するときに、パフォーマンスをよくするための方法としては、サポートが終了したOSが導入されているタイプを選んでみましょう。サポート終了OSは非常に危険なのでそのまま使うのは良くありません。そのために安価に購入できるようになっています。新しいOSは別途インストールするようにします。古いOSが入っていたとしても、CPUの性能が高ければそれなりに軽快に動いてくれます。セットアップの手間がかかるので急いでいるときには向きませんが、時間に余裕がある時には利用価値があります。