余計なソフトウェアやアプリを取り除ける

法人向けパソコンの特徴

一般的な企業で使われる法人向けパソコンは、家電量販店などで販売されている一般向けパソコンとはいくつか異なるところがあります。法人向けパソコンは、会社における一般的な業務を行うためのカスタマイズがなされており、値段も一般向けパソコンより安く抑えられていることが特徴です。パソコンの回収はメーカー側が用意した専用の回収窓口が用意されているために、リサイクルマークがないことや、導入されているOSが市販品より古いといった点で異なります。一般向けパソコンとの最大の違いは、付属されているアプリケーションの種類となっています。統合型オフィスソフトを始めとしたものから自由に選ぶことができ、会社の業務に応じたパソコンをカスタマイズ可能です。

導入するソフトウェアを自由に選べる

法人向けパソコンの特徴は、業務に必要なアプリケーションのみ導入されていますが、それらをある程度カスタマイズすることができます。一般的な事務作業に必要な統合型オフィスソフトは、一般的なパソコンでは選択肢がないか外されますが、ソフトの種類を自由に選ぶことができます。ソフトウェアの開発など専門職向けのパソコンでは、グラフィックスや専門のソフトウェアなどを予め導入したパソコンを購入できます。一般向けパソコンではメーカー独自のソフトの最新版が導入されますが、コストや機能面、あるいは対応OSなどに適したものを、独自で選ぶことも可能です。最低限のソフトウェアを選んだ状態で使えるようになるため、購入時の手間やコストを抑えることができます。